プロフィール

テースナ

Author:テースナ
メイプルでは椛サーバーに在籍してます

皆さんの進捗状況なども
書き込みして下されば幸いと存じます

「Xデー」に纏わる話も宜しくです!
そしてギルド「シス」は随時メンバー募集中だよ!
イン率は極めて低いですがーーー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い巨qp

コメント返信
さな>ありーっす!
確かに200までまだまだだぁ
俺のペースならあと数年はかかるかな!
廃人すれば別やけどさなの事もあるし、もっと頑張らんと後が大変だからね!
これからも頑張ろう!!

さち>ギルド「シス」も負けずに頑張ろうぜ!!
ダースベイダーに負けない優秀な人材の勧誘を・・・

ぴょん>うれシーッス!?
ぴょんも「シス」の仲間入りだぁ!!
先にハートを射止めるのはどっちだ!!?
え?どっちも無理??
ば・・・ばかな??


今日も仕事は暇(しかし無駄に残業有り)なので、記事を書く事にしました。
昨日家に帰るのが遅かったのでメイプル関連の写真をアップロードできなかったので、今日は白い巨qp・・・じゃなくて巨塔についてまた語ろうと思います。
今回も突っ込みどころ満載なので、かなり長文になってしまいますが、興味のある人はぜひ・・・


第二部 裁判編

「財前教授の総回診です」から物語は始まる

財前教授は、相変わらず忙しい毎日を過ごしており、佐々木庸平という、食道癌で手術をした患者をほったからしてワルシャワへと旅立ちました。
しかし、講演中に患者の容態が急変!
見事昇天してしまいました。
そして裁判へ・・・

テーマソング♪ チャラララーーーチャララララーーラララーーーー

さて、医療裁判が出来る弁護士を探す事から始まるわけですが、医師会の岩田会長の差し金により、まともな弁護士を紹介してもらえませんでした。
しかし、佐々木たちは苦労の末、関口という弁護士に出会う事が出来ました。
そこには東佐枝子もいました。何という偶然!

そして裁判!

裁判では柳原先生が大きなキーポイントになります。

関口「カルテの改竄をしたんですか?」
柳原「僕は・・・カルテの改竄などしていません!!!」

一皮剥けた柳原君に、財前教授は喜びます。

一度は原告側に有利になった裁判も、今回で被告側に有利になりました。
次は、財前先生と里見先生の証人尋問になります。

ここでくれない会が動きます。
いつもここぞという時に活動する圧力団体教授婦人会。
ここでは、里見先生の奥さんを呼び出します。
奥さんは完全にびびっています。
そして、証言台に立つなら、私は出て行きますとさえ言ってしまいます。

しかし、ここは里見先生の勝ちでした。
里見先生は、証言台に立ちました。
奥さんは息子を連れて出て行きました。
しかし、帰ってきました。

里見先生は、妻が出て行くと言っただけで、離婚するわけではないと、完全に読んでいたようです。
だって、離婚手続きとか何にもしてないも~ん!w
何気にセコイ里見先生を見ることが出来ました。
ところで、里見先生の家から裁判所まではかなり近いようです。
裁判が始まったのにも関わらず、「お迎えに来た訳ではありません。」と、歩きながら佐枝子と雑談をしています。
それでも自分の証言の時には裁判所にいました。
まぁそれだけなんですけど・3・


そして、洛北大学(?)の唐木教授により、財前先生の正当性を謳われ、第一審は、見事財前の勝ちとして幕を閉じました。

しかし佐々木たちは諦めません。諦めが悪すぎます。
控訴しました・・・!
ですが、浪速大学の圧力で、証言してくれる医師が見つかりません。
関口さんは、里見先生を訪ねました。
里見「東教授はどうでしょうか?」
と言い、灯台下暗しだと言ってやる気を出す関口さん。
貴方1年間何してたんですか?
灯台下暗しじゃねーだろ!
佐枝子という人が身近にいながらそれはねーだろ・・・

まぁそんなこんなで東教授にお願いするのだが、残念ながら断られました。
そして、東教授は里見先生を訪ねるのだった。

東「あれほど慎重だった男が・・・」
里見「恐らく、オペを急いでいたからでしょう」
東「オペがあったのはいつだね」
里見「一昨年の、12月26日です」
東「そんな事の為に、患者一人死なせてしまったというわけかね・・・!」

多分知らない人が聞いたら「何の為?」って思いますね。
癌を抱えている患者がオペを急ぐのは当たり前です。
ましてや素人なんだから医者にそう言われれば尚当然の事です。
ってか、貴方も建設会社社長が死にそうになって喜んでいた事実を忘れてはいけないよ?

東はこれで、原告側に付く事になりました。
しかし、東の紹介した東都大学の正木教授は、またしても浪速大学の圧力により辞退してしまいました。
ここでの会話は、一方的に財前の悪口を言っています。
そして、「里見先生や、大河内先生、東先生のような」的な会話にまで発展していますが、
東教授のしてきた事を再度書きましょう。

・直弟子である財前が活躍し、確執が深まる
・財前の建設会社社長のオペ中、蘇生して「チッ」と悔しがる
・「東教授の総回診」で、財前のダメ出しをする
・記念式典にて財前が讃えられ、悔しがる
・教授戦の不甲斐無さを船尾教授に指摘され、家族の前で取り乱す→泣き崩れる

これだけの実績があるのに、いつの間にか忘れられています。
まぁ最後の取り乱した事以外は病院内での事ですから、皆知らないだけなんですね。
財前を完全に敵視しているから、正常な判断が出来ていません。

そして・・・東教授が出てくる事も財前の狙い通りだったとは!!

財前たちの「隠し玉」、船尾教授の登場だーーー!!!
船尾VS東で次の裁判が始まります。

しかし、この時既に財前の身体に異変が・・・

とりあえずここまでDVD見ました。

裁判以外の動きでは・・・

不安要因の柳原君を、財前が突然家に呼び出します。
用件はお見合い。
大手薬局の野田華子さんだ。
家庭を持たせて、証言を覆させないようにする為だろう。
しかし柳原君は満更でもなさそうだ。
明らかに亀山君子よりはかわいい(?)野田さんに目が泳いでいます。

外は真っ暗になり、柳原君は野田さんを家まで送っていきました。
かなり嬉しそうですが、急に暗い顔になり、タクシーで何処かへ向かいました。

着いた先は、佐々木さんが弁当を路上販売しているところでした。
なんでその場所知ってんの??
佐々木さんと連絡を取った形跡はないので、どうやら柳原君の特殊能力によるものだろう。
恐らくはサイコメトリー
着いた時刻を想定すると、早く見積もって20時以降だろう。
野田さんを送った段階でかなり暗かったし。(まぁ冬ってのもあるが)
そしてタクシーでの移動時間。

この段階でかなりの量が売れ残っています。
てか、どこで弁当を作ったのでしょうか・・・?
後に、財前が「店まで潰れて」と言っていた事から、前の工場が無いのは明白だし・・・
しかも従業員も辞めて、チャラ男だった庸一君と、恐らくは会計担当のよし江さんでは、明らかに無理があると思うんだが・・・
だから売れ残ってるのかもしれませんね・・・
ところで、従業員が、勝手に金庫から金を奪って行きましたが、それは明らかに強盗だと思います。
こちらこそ、裁判を起こす必要があると思うのだが・・・
この場合、奪う側、奪われる側双方に問題があったんだから・・・

さて、一番の悪の根源である佐枝子さんはというと・・・
もう里見先生にメロッメロ><
里見先生の名前が出てくる度に過剰反応してしまいます。
この人は、感情に動かされ易い人ですね!

まぁ最も、この裁判が起こった一番の原因は浪速大学のタクシー運転手のせいなんですけどね!!


ふぅ・・・暇なせいでかなりの長文になってしまったぞ・・・
白い巨qp、最後の最後まで見逃せません!(DVDだけど)

<< 年末 | ホーム | おめでとう自分! >>


コメント

うちもDVD見たくなってきたw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。